マザーズ銘柄のトレードをやってみた反省と振り返り

スポンサーリンク

 3月中旬から4月初旬にかけてマザーズ銘柄のトレードをやってみたのでその振り返りをやっていきたいと思いました。今回は主にLINE証券で取引しました。

トレード銘柄と結果

 3/17~3/22(銘柄名は略称や通称で書いてる場合があります)

銘柄コード銘柄名買値売値損益
4934プレミアアンチエイジング9,79910,447+648
4308Jストリーム4,9354,321-614
2150ケアネット4,7104,197-513
9467アルファポリス3,0503,030-20
9270バリュエンス2,6372,638+1
7061日本ホスピス2,5772,562-15
4565そーせい2,0101,908-102
4448チャットワークス1,3261,233-93
2516マザーズETF(10株)942935.2-68

 3/31~4/6

銘柄コード銘柄名買値売値損益
4934プレミアアンチエイジング12,18112,148-33
9270バリュエンス2,6982,789+91
9467アルファポリス3,3153,310-5
2150ケアネット4,8204,820±0
2516マザーズETF(10株)920939+190
やっすん
やっすん

一回目が-776円、二回目が+243円で負け越してます…

トレード銘柄の選定基準

まず前提としてマザーズ指数が5日線を上回って上昇トレンドにあること。
銘柄の選定方法としては時価総額1000憶以下、PSR20以下、PEGレシオ1倍以下を主な基準として選びました。

反省と振り返り

 一回目のトレードの反省点としてはちょうど大学の卒業式と重なり見る時間がなかったために損切りが遅れたことです。
ルール上は一日早く手じまいするべきでした。
しかしそれより大きな問題点が一つ…

_人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 手数料のことを忘れていた!!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 すっかり取引コストのことを失念していました…
LINE証券では単元未満株の取引では日中の売買で価格の0.4~1.0%のスプレッドがかかります。
マザーズETF以外はLINE証券で取引しました。
つまり、およそ200円~530円取引コストがかかってることに…
短期でこのコストは結構重い…
得てして単元未満株はコストが高いものですがこれでは手数料負けしてしまいそうです…

やっすん
やっすん

損益をどうこうするよりも確実にコントロールできるコストを
しっかり確認しようと反省

何故トレードしたか

_人人人人人人人人_
> 暇だったから <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 ぶっちゃけ暇だったからです…だってなんかかっこいいじゃん、トレードってさ…
(そんなんだから確認不十分で取引することになる)

まとめ

 今回はそもそもの前提をしっかり確認しようという一番根本の反省会でした。
根本が間違っていたらあれこれしたところで全部だめになりますからね。
LINE証券では長期で単元未満株を買いたい時に使おうと思います。

最後に余談

 LINE証券では時々最大7パーセント割引で株を買えるキャンペーンや
特定の銘柄の手数料をタダにするキャンペーンをやっているのでそういったものを活用した取引をするといいかもしれません。

https://lin.ee/cISHLIt
上記のURLから口座開設するとポイントもらえるらしいので興味あったらのぞいてみてください。


タイトルとURLをコピーしました